Roll With IT

タマキ工務店のIT日記

Macの起動音とThe Beatles

f:id:shiro-tamaki:20201230124901j:plain
出典:PhotAC

今回は、プログラミングを行う上でなくてはならないモノ。日々お世話になっている、
大好きなAppleMacにまつわるお話です。

Macの電源を入れたときの「ジャーン」という起動音

ご存知の方も多いかと思いますが、macOS Big Surになり、2016年以来、世界一有名な起動音が復活しました。(Windows派の方すいません)
この起動音、実はあのザ・ビートルズの名曲「ア・デイ・イン・ザ・ライフ 」から着想を得て制作された音のようです。 1980年代後半〜1990年代にかけて、Appleサウンドデザイナーとして勤務していたジム・リークス氏という方が制作に携わり開発。下記、米メディアCNBCのインタビューで語っています。
また、この起動音ですが商標登録もされているそうです。

スティーブ・ジョブスは、ビートルズ好きでも有名ですが、
こういったこと知ると、もうAppleから離れられなくなりますね。
ボブ・ディランとかもどっかに隠れてたりしないかなぁ…。

初期のMacintosh Quadraから搭載されたそうです。

4:20ぐらいから流れます。しかし、ここはぜひとも最初から聴いていただきたい!

[Jim Reekes: The Apple sound designer who created Sosumi]
ジム・リークス氏インタビュー。他にもカメラのシャッター音などについても話されてます。
Meet the man who created Apple's most iconic sounds — Sosumi, the camera click and the start-up chord